« 憲法統治機構 | トップページ | すれちがう想い »

2008年4月25日 (金)

鬼の城伝説

QED鬼の城伝説 (講談社文庫 た 88-14)

買ったきっかけ:
シリーズのファンなので

感想:
桃太郎伝説については大勢を占める説に基ずく感じかな、と感じましたがさすがこのシリーズはさらにひとひねりがあって面白かったです。
現代で起こる事件のほうはちょっと影がうすいかな。
ま、僕は基本的に歴史的なほうの中身がすごけりゃ文句ないんですけどね。

おすすめポイント:
現代と過去が織り成す事件とその驚愕の理由。推理ファン、歴史ファンとも楽しめるミステリー小説です。

QED鬼の城伝説 (講談社文庫 た 88-14)

著者:高田 崇史

QED鬼の城伝説 (講談社文庫 た 88-14)

|

« 憲法統治機構 | トップページ | すれちがう想い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012808/20547084

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の城伝説:

« 憲法統治機構 | トップページ | すれちがう想い »